更に10年経ったとしても

僕より10歳ほど若い彼の行動を見て、今更ながら自分が昔取っていた行動が周りに与えていた痛さを思い知る。
でも今だって、本質的に何が変わったと言えるのだろうか。僕は誰かに相手にされたがっていて、何かと評価されたがっている。
部屋に入ったらその瞬間から違いを感じさせられるようにでもならなければ、きっと何も変わりはしない。そうなるまでは、やはり走り続けるしかないのだろう。きっと。

Copyright © 1999-2022 Koji Kusanagi (k2works) All Rights Reserved.