漫画バトン

末座氏からありがたくも、今度は漫画バトン を頂戴した。色々考える人はいるものだ。
世の中そんなにコミュニケーション不全が蔓延っているのだろうか。
時間が無いので適当に。
■Total volume of comic on my Bookshelf(本棚に入ってる漫画単行本の冊数)
本棚に50冊。ダンボールに70冊くらい。でも最近全然読んでない。
■Comic thought to be interesting now(今面白い漫画)
最近連載を追っていないので、今、と言われて思いつくものがない。
ちょっと前なら、仏像と戦ってた頃の GANTZ/奥浩哉。意味不明の殺伐が21世紀の退廃という感じでよかった。
■The last comic I bought (最後に買った漫画)
単行本なら、再発版の 扉をコジ開けて/ZERRY藤尾。18禁。
■Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me (よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画)
凄く定番になってしまうけれど、ベタな話を好んでいるようで。漫画を読む時にあまり頭を使いたくないらしく。
ジョジョの奇妙な冒険/荒木飛呂彦 : 定番中の定番。少年時代から大人になっていく中で、ああいった決め台詞が言えるだけの覚悟とバックボーンを持った人間になれればと思ったこともある。今、こういう漫画はもう出てこないんだろうな。
寄生獣/岩明均 : 高校生の頃に初めて読んで、日本の商業誌ベースでこれが商売になるんだな、と思って少し安心した覚えがある。青かった僕は少なからず例の台詞回しに感動してしまっていた。
りびんぐゲーム/星里もちる : 10代で同棲していた頃に共感して買い集め、7歳年下の彼女と付き合っていた時に読み返して今更ながら含蓄のあることよと思った。そして今関東で2DKに住んでいる自分が主人公の年齢を超えていることを考えるとさらに感慨深くどうしようもない。
恋風/吉田基已 : ダメ人間と年下の女の子、という組み合わせが好きなんだろうと思う。ちょうど新連載でリメイクが始まった「水と銀」も同じ理由で好き。
プリティサイズ/井ノ本リカ子 : 自分はエロ漫画読みなんだなあと言う認識を決定付けたうちの一つ。真面目かつ押しに弱い子、と言うのが琴線なんだろうか。
■Five people to whom I’m passing the baton (バトンを渡す5名)
先日無理やり渡してペナルティ1を付けられてしまったので、今回はここで一回止めさせてもらおうかと思う。これを読まれている方で書きたい方はどうぞ。

2 Replies to “漫画バトン”

  1. ふんがー。音楽バトンもらいっぱなしですんません。
    書きます。書くつもりマンマンなんだけどタイミングがなくてねー。

  2. 岡っちがワンペナってわけではなく、無理やりバトンを渡すと
    ラーメンをおごる事態が発生する場合があるのです。
    忙しいのにわざわざどうも。こういうのって真剣に考えるととても難しい。あと、自分の嗜好を押さえるために定期的に廻ってきて欲しい。

Comments are closed.

Copyright © 1999-2022 Koji Kusanagi (k2works) All Rights Reserved.