傾向 (1)

尋ねられてもいないのにある件に対して否定的なコメントを出す場合、次の傾向が強い:

  • 当該の行為を実行した経験があり何らかの失敗をした
  • 当該の行為を実行したいが何らかの内的呵責によりそれを実行できないでいる
Copyright © 1999-2022 Koji Kusanagi (k2works) All Rights Reserved.