どん底

昨日に引き続きうさこ社長ヲチを決め込んでいるわけだが、「どん底の経験ってありますか?」 というのは難しい質問だと思う。
うさこ氏は以前に本当のどん底を経験したことがあるらしく、その時に比べたら今はマシだからまだ大丈夫だという。それに引き換え、僕は比較的怠惰に自分に優しく人に甘えた人生を送ってきたものだから、ある程度歳を取って責任から逃れられなくなってきて初めて地獄を見るようになってきた気がする。というのも、ここ数年、これが本当の底かと思ったらまだその先に転落していくように、どんどんシビアな状況が重なって来ているから。これから先、どうせもっと追い込まれて行くのなら、まだ今のうちに人生を楽しんでおけたら後悔しないのではないかと思う。
僕のどん底はきっとまだこの先にあって、その時に耐え切れるように今は自分を鍛える段階だと思う。どんなひどい状況になるのかは知らない。真冬に道端で寝ている人の数を見ろ。線路に散らばる肉の欠片になる敗残兵の残骸を見ろ。僕はきっとまだずっと幸せだ。
底の時期を乗り切った後に、親しい友人と呑底(どんぞこ)ででもささやかな打ち上げが出来れば、それだけで僕は自分の価値観では勝ち組なんじゃないかと思える。今はただ、河原で石を積み上げるのみ。

Copyright © 1999-2022 Koji Kusanagi (k2works) All Rights Reserved.