カレーの出前

13日の日曜日に、やむを得ない事情により「俺にカレーを食わせろ」と絶叫した手前、ポストに入っていたチラシの業者にカレーの出前を頼んでみた。
3年ほど前に以前勤めていた会社で、夜食にカレーの出前を頼んだことがあるが、1500円も取る癖に金属が舌に突き刺さるような奇妙な辛さの非常に不味いカレーで社員一同激怒した覚えがある。それ以来、カレーの出前にはあまり良い印象がなかったが、今回は925円なので外れてもまあ許せるかと思う値段だ。
カレーは本来食べただけでナチュラルハイになるほど辛くあるべきだと考えている僕としては、「メガトン級の辛さの為、お子様、辛さに弱い方はご遠慮ください」とかかれているスーパーホットカレーなるメニューを選んだ。なかなか上品な香りだ。
香りはそう辛そうでもなかったが、口に入れて2秒ほど経つと、おそらくハバネロペッパーかと思われる激烈な辛さで顔が真っ赤になり汗が吹き出た。確かに強烈だ。普通の人が間違ってこれを頼んで食べた日にはパイ投げよろしく豚の顔に投げつけたくなるくらい辛い。ご丁寧なことにミネラルウォーターがサービスで付いてきていた。しかし、僕のカレー師匠曰く、カレーを食べている途中に水を飲んではならないとのことなので、その水は飲まずに黙々と食べた。
味はさすが専門店といった感がある。ただ辛いだけではなく香りはかなりまろやかなので、複雑な後味が楽しめた。出前のカレーとしてはかなり上出来な方ではなかっただろうか。

Copyright © 1999-2022 Koji Kusanagi (k2works) All Rights Reserved.