孝行したい時に親はなし

転職するたびに年下の上司や先輩が増える。
今日、二つ年下の四年先輩の父上が亡くなった。仕事の問題はさて置き、去年の友人の件もあり、僕もそういう歳になったのか、とまた思わされた。
今まで両親に対して何も孝行らしきことが出来ていないし、安心感や名誉を見せることなどもってのほか、労うことすら当分出来そうに無い。格言に言われたのはその通りだと思う。
けれど、滅私奉公する前に、今年はまず自分が自分であることの意味を思い出したい。そんなことはハタチ前にやっておけばいいんだけれど、10年遅れてもスタートしないよりはマシだと思う。

Copyright © 1999-2022 Koji Kusanagi (k2works) All Rights Reserved.